慶応義塾大学の法学部に調査書とラグビー部?


法学部

スポンサーリンク

やはり法学部の中でも倍率が高い法律学科。この法律学科では4年間法律ついて徹底的に学びます。その先に控えている大きな難関をクリアする為に学びます。その難関とは司法試験です。司法試験委合格すれば、検察官になるか弁護士になるかを選択します。

弁護士さんは法の番人とも呼ばれていますね。検察官は悪を正す役割です。弁護士はどんなに不利な状況であっても引き受けた裁判では被告を擁護し、罪の軽減及び無罪を主張します。一方の検察官は被告人を追い詰め、弁護士と時には裁判官が制しするほど激しい応酬をします。そしてより思い求刑をします。

調査書

慶応義塾大学では出願の際に調査書が必要になってきます。過去5年以内のものが対象になります。調査書が発行されない場合は卒業証明証と成績証明証が必要になってきます。大学を受験する人には手慣れたものだと思います。高校入試の際にも調査書が必要な高校もありますが、一般的には大学入試で必要になるものです。

ラグビー部

慶応義塾大学のスポーツ部門でも野球部と人気を二分するラグビー部。今は国立競技場は2020年東京五輪に向けて立て直し中ですが、毎年国立競技場で行われていた、早慶戦は満員のファンでスタンドが埋まりました。勝った大学が帰りの駅まで皆で校歌を歌うのが風物詩でした。早稲田大学とは相性が悪く大きく負け越しています。それでもラグビー部に入部をしてくる、ラガーマンは多いです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ