急性ストレス反応【原因や症状?SSRIや事例?治療方法は?】


急性ストレス反応原因症状SSRI事例治療方法は?】
についての情報です。

スポンサーリンク

急性ストレス反応【原因や症状?SSRIや事例?治療方法は?】

急性ストレス反応の原因?

急性ストレス反応とは心的外傷後ストレス障害(PTSD)と
似たような症状です。

 

原因は心的外傷が一番大きな原因です。
急性ストレス障害と似ていますが、
急性ストレス障害とは違う病気です。

 

症状が似ているので混同されやすいです。
原因は心的外傷がほとんどです。

 

心的外傷なので心に傷を負った状態ですね。
ストレスが一気に爆発した時に発症します

 

原因はありますが、
そこに辿り着くまで時間がかかる事があります。

急性ストレス反応の症状?

症状は意識狭窄や自律神経障害、
抗うつ状態等になります。

 

精神的な症状ですが、
最初は精神的とは気づかず、
なにかの病気と錯覚を起こすほど、
身体的症状がひどいです。

 

今まで感じた事がない身体的苦痛を味わいます。
しかし、これは全て精神的なもので、
実際に身体的異常はありません。

 

このあたりが精神疾患の厄介な所です。
症状としては以上の症状が典型的です。

急性ストレス反応?SSRI?

SSRIは治療薬です。
即効性のある薬では無く、
徐々に効果が現れる薬です。

 

SSRIの投与の時期は医師に託されます。
この薬を使わない医師もいます。

 

SSRIは治療にかなり有効的ですが、
飲み合わせ等もあるので、
医師に内服薬がある人は注意が必要です。

急性ストレス反応?事例?

事例としては仕事中に機械作業で、
左手首を切断する大けがを負ったケースもあります

 

またその他の事例では景品交換所で強盗に入られたりと、
予期せぬ出来事で発症します。
事例はその他にもあるようです。

急性ストレス反応?治療方法?

主に治療方法は薬物療法です。
SSRIを使う事が多く、
また治療方法ではベンゾジアゼピン系抗不安薬は
即効性が高く頓用として使用されます。

 

その他の治療方法では精神療法があります。
精神療法も治療方法としては有効です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “急性ストレス反応【原因や症状?SSRIや事例?治療方法は?】”

  1. tyarankyu より:

    急性ストレス反応【原因や症状?SSRIや事例?治療方法は?】についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ