心療内科は開業医が人気!仮面うつ病とは?薬は依存性が高い?


心療内科開業医人気仮面うつ病とは?依存性高い
についての情報です。

スポンサーリンク

心療内科=精神科!心療内科は軽いうつ病・睡眠障害・パニック障害?

心療内科は開業医が人気!

心療内科は主に開業医の病院が主流です。
もちろん、総合病院の中に心療内科がある病院もあります。

 

そんな心療内科にはどの様な人が来院するのでしょうか?
心療内科はほぼ全てと言っていい程、予約制です。

 

開業医の心療内科は夜の9時頃まで、
診療を行っている所があります

 

この辺りが開業医の人気の高さでもあります。
また、医師と患者の関係は相性の問題もあります。
あまり患者の話をよく聞かない医師はダメですね。

心療内科に通う人!

内科の検査を受けても、
何処にも異常が見当たりません。

 

しかし、身体的異常があります。
これはどこが悪いのだろうか?

 

内科の医師もさすがにプロですから、
精密検査を行って異常がないと言う結果をみれば、
これは精神的に問題があるのではないか?
と心療内科にアプローチをかけます。

 

ここで専門医がみれば、うつ病とか睡眠障害などは
初めから心療内科ですが、
ここに大きな落とし穴のある病気があります。

 

その病名は仮面うつ病です。
名前の通り、うつ病が仮面をかぶって隠れています。

 

身体的症状でかなりの異常があるのですが、
先述のとおり検査をしても、
全く異常がありません。

 

しかし、精神科医がみれば一目瞭然。
直ぐに仮面うつ病と見抜いてしまいます。

 

ここが内科と心療内科の決定的な違いです。
この仮面うつ病と言うのがかなり厄介です。

 

症状は呼吸苦や手足の痺れ等、
明らかに、身体的異常があるのに、
どんな検査をしても全く異常が見つからないのです。

 

ここで内科医は精神的疾患を疑いますが、
仮面うつ病まで疑う内科医は少ないです。

 

仮面うつ病はうつ病ですから、
抗うつ薬を飲めば良くなります。

 

なかなか判断が内科医では出来ないので、
心療内科で確定診断をしてもらえれば、
自分の症状にあった薬を処方してもらえますから、
一気に辛かった身体的症状から
解放されるケースもあります。

薬は依存性が高い

心療内科で処方される薬は依存性が高いです。
その為、症状が改善された後も、
しばらく飲み続ける事も決して珍しくありません。

 

特に依存性が高いのは睡眠導入剤です。い
わゆる睡眠薬です。

 

睡眠導入剤にも軽いものから、きついものまであり、
大体の医師は何種類か処方します。
体に合わない薬もあります。

 

有名な睡眠導入剤『ハルシオン』。
この薬は効力はかなり一般的には強い薬です。

 

しかし、この薬を飲んで直ぐに寝てしまう人と
いつまで経っても眠れない人がいます。

 

薬の効力が強いからと言って、
全ての人に共通ではないのです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “心療内科は開業医が人気!仮面うつ病とは?薬は依存性が高い?”

  1. tyarankyu より:

    心療内科は開業医が人気!仮面うつ病とは?薬は依存性が高い?についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ