坐骨神経痛の治療法【ストレッチや東洋医学や鍼灸!薬や湿布や本?】


坐骨神経痛の治療法ストレッチ東洋医学鍼灸湿布?】
についての情報です。

スポンサーリンク

坐骨神経痛の治療法【ストレッチや東洋医学や鍼灸!薬や湿布や本?】

坐骨神経痛の治療法?ストレッチ?

坐骨神経痛の治療法の中に
ストレッチがありますが、
ストレッチだけでは十分に
痛みは取れません

 

同時に体幹インナーマッスル
トレーニングを行う事が重要です。

 

狭窄部分を和らげる事が
坐骨神経痛で悩む患者さんに
取っては1番です。

 

とにかく痛みから解放され
たいそんな患者さんが
増えています。

 

どうしても薬等では
限界があります。

 

消炎鎮痛剤を処方されても、
効くのは少しの時間だけ…。

 

ロキソニンボルタレンなどの
消炎鎮痛剤が処方される事が
多いですが、これより更に
強烈ソゼコン錠を処方される
人もいます。

 

この薬は依存性が高いので、
医師が出したがりません。

 

ストレッチも同時に、
体幹インナーマッスル
トレーニングを行わないと
いけないので、ストレッチだけで
効果を期待していた人には
少し計算が狂った感じです。

坐骨神経痛の治療法?東洋医学?

東洋医学療法で1番代表的な
治療法はです。

 

針と聞くとなんだか痛そうだな
と思いますが、既に坐骨神経痛で
かなり痛い状態ですので、
変な話ですが、針を刺す事に
よって、大幅に症状が
改善されます

 

針を刺すのは全く無痛かと
言うと、さすがに無痛では
ありませんが、そんなに
怖がる程の痛みではありません。
常識の範疇です。

 

痛さを表すのであれば、
インフルエンザの予防接種を
同時に何か所も行うと言う
イメージです。

 

そして整体
これは東洋医学の鉄板的
治療法です。

 

整体抜きには東洋医学は
語れません。

 

そして最後に漢方
漢方は体にいいですが、
良薬は口に苦しです。

 

しかしそうは言っても、
効果があるので、
飲むしかありません。

坐骨神経痛の治療法?薬?

坐骨神経痛には特効薬は
ありません。

 

この辺りが痛い所ですね。
処方される薬はその場
しのぎの痛み止めの薬が
ほとんどです。

 

まずは坐骨神経痛の原因を
探らなければいけません。

 

薬は坐骨神経痛には消炎鎮痛剤が
処方される事がほとんどです。

坐骨神経痛の治療法?湿布?

湿布は子供騙しのような物です。
湿布は本当に気休め程度に
思っていた方がいいです。
本当に湿布は効果が薄いです。

坐骨神経痛の治療法に関する本?

坐骨神経痛に関する本は
結構あります。

 

坐骨神経痛を和らげる事が
書いている本があるなど、
かなり実用的な本です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “坐骨神経痛の治療法【ストレッチや東洋医学や鍼灸!薬や湿布や本?】”

  1. tyarankyu より:

    坐骨神経痛の治療法【ストレッチや東洋医学や鍼灸!薬や湿布や本?】についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ