南海トラフ地震 巨大地震に巨大津波にどう備えるに大規模災害


南海トラフ地震

巨大地震

南海トラフ地震は今後30年以内に起こる
可能性が高いと言われています。

今から5年前、東日本大震災で、
東北沿岸地域では特に被害が甚大でした。

また本震では首都・東京でも震度5強の
強烈な揺れを感じました。

震度5強であれだけ揺れるのですから、
震度7の地域や震度6の地域は
相当酷いゆれだったと思います。

阪神大震災は1995年。
東日本大震災は2011年。

16年で2度壊滅的な巨大地震が襲いました。
その間も大きな地震は起きており、
今年の4月に熊本県で震度7を観測する
大きな地震が連発しました。

南海トラフクラスの巨大地震となると、
考えるだけで怖いですね。

スポンサーリンク

巨大津波

東日本大震災では大津波警報の
はるか上を行く予測不可能な
大津波におそわれました。

本当に100年に1回クラスのとんでもない
巨大地震に巨大津波。現在、民進党代表のR氏は100年に1回起こるかどうかわからないものに予算は避けないと仕訳作業で言い放ちました。その100年に1度の巨大津波が来てしまったのです。防災意識が物凄く低い人間と当時は槍玉に上がっていましたが当然の事です。巨大津波が難解トラフ地震では予想されています。日本は地震大国ですが平穏な日時を大切にしたいですね。

大規模災害にどう対応するか?

避難訓練を何回行っても実際の地震が来た時に対応出来るかどうかはその時になってみないとわかりません。いきなり巨大地震に巨大津波がやってくるわけですから、パニックに陥ります。こういった大規模災害にどう備えるか?ここが運命の分かれ道になります。徹底して大規模災害に関する事を頭の中に叩き込んでおかなければいけません。学校では週1時間こういった大規模災害に関して時間を割くくらいで丁度良いです。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ