世界記憶遺産【御堂関白記?特攻や知覧とは?日本2014?】


世界記憶遺産【御堂関白記?特攻や知覧とは?日本2014?】
についての情報です。

スポンサーリンク

世界記憶遺産の御堂関白記?

世界記憶遺産とは国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)
が主催する事業の一つ

 

危機に瀕した書物や文書などの歴史的記録遺産を
最新のデジタル技術を駆使して保全し、
研究者や一般人に広く公開することを目的とした事業です。

 

俗に世界記憶遺産(せかいきおくいさん)とも呼ばれています。
御堂関白記(みどうかんぱくき)は平安時代の貴族の
摂政太政大臣・藤原道長が著した日記です。

 

2013年6月18日にユネスコの
世界遺産に認定されました。

世界記憶遺産の特攻?

第二次世界大戦で特攻隊員として
日本の為に犠牲になった人々を弔う為に申請

 

世界記憶遺産には極限状態の中
書いた遺書をユネスコに申請。

 

これには安倍首相もかなり興味があるようで、
日々動向をチェックしているようです。

 

世界の人々に伝わるでしょうか?
日本は敗戦国なので、
その点も気になる所です。

世界記憶遺産の知覧?

2014年2月27日・2月4日、鹿児島県南九州市は
市立知覧特攻平和会館に収蔵する特攻隊員の遺書の
「 世界記憶遺産」登録に向け、
国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部に申請書を郵送しました。

 

やはりここの知覧でも特攻隊員の極限状態の遺書が
認定の最大の焦点になるのは間違いないでしょう。

世界記憶遺産?日本2014?

なんとこの後に及んで2014年中国政府が日本に対して
南京大虐殺を世界記憶遺産に申請する等常軌を
逸した行動をしています。

 

日本は冷静に状態を見守っていますが、
このユネスコの遺産に相応しくないものを
中国は申請しました。

 

2014年に入ってから
日本と中国は冷え切った関係になっています。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ