不当解雇で労働基準監督署が不当解雇失業手当や相談・訴え?


不当解雇労働基準監督署不当解雇失業手当相談訴え
についての情報です。

不当解雇で労働基準監督署が不当解雇失業手当や相談・訴え?

スポンサーリンク

不当解雇は違法です!

不況にあえぐ日本では残念ながら
リストラも幾度と無く行われています。

 

今まで日本の経済を支えてきた
大企業が数万人単位でリストラを
敢行しており、貴重な技術が
海外に流出している事実が
あります。

 

リストラの中には強引なやり方
で無理やり退職に追い込む
ケースが有り、不当解雇として
社会問題化しています。

 

例えば出産したことで休暇を
とっていることを理由にしたり、
単に好き好みだけで解雇してし
まうなどは言語道断です!

 

労働基準監督署もこの点に
目を光らせています。

解雇には要件がある

整理解雇を行う場合は整理解雇の
4要件に当てはまるケースでないと
解雇は出来ません。

 

当然、労働基準監督署も
これには黙っていません。

 

解雇となると、一番大きいのが
失業保険の給付制限となって
しまう点です。

 

1か月以上~3か月の期間
(通常3か月が一般的)、
失業手当の支給を受けられません。

 

仕事がなくなって、
手当ももらえない、
こんな最悪なことはないですよね。

不当解雇の相談は?

不当解雇されて納得行かない
場合には、まずは所属の労働組合
に相談してみましょう。

 

上部団体などに加盟している
組合であれば、それなりの
アクションはとってもらえます。

 

それに納得出来ない場合は弁護士に
相談することになります。

 

その展開次第では当然訴える
ことにもなります。

 

明らかに会社側に非がある場合は
裁判に打って出るのも手ですが、
やはり訴えるというのは
かなりのリスクを伴います。

 

リストラとなると、多くの方が
同じように退職に追い込まれて
しまいます。

 

そういった方々の声を集めて
訴えるというのもひとつの手段です。

とにかく一人で悩まないこと!

不当解雇となった場合、
とにかく一人で悩まず、
周りの人に相談してください。

 

失業手当の給付期間が異なるなど、
経済的にも大きな損失を受ける
事象ですし、労働基準監督署や
労働組合、弁護士などを上手く
巻き込んで、なるべく上手く
事態を切り抜けていくことが
重要です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “不当解雇で労働基準監督署が不当解雇失業手当や相談・訴え?”

  1. tyarankyu より:

    不当解雇で労働基準監督署が不当解雇失業手当や相談・訴え?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ