バックビルディング現象【意味や原因?積乱雲を形成で豪雨?】


バックビルディング現象【意味や原因?積乱雲を形成で豪雨?】
についての情報です。

スポンサーリンク

バックビルディング現象の意味?

バックビルディング現象

バックビルディング現象積乱雲を発生させ、
1時間で100ミリと言う猛烈な雨を降らす現象です。

 

1時間に20ミリ以上の雨を降らすと、
バックビルディング現象になります。

 

これは積乱雲を伴うものに限定されます。
また予測するのが非常に困難で、
気象庁でも予測するのは不可能とされています。

 

また広範囲で豪雨を降らす事があり、
今回の広島での災害もバックビルディング現象の
可能性があるとの指摘が認識者の間では上がっています。

 

バックビルディング現象の意味は以上ですが、
突然予期しない豪雨に襲われるので、
避難のしようがなく、
被害が甚大になるのが特徴です。

 

これが深夜等眠っている時間に起きると
被害は更に大きくなります。

バックビルディング現象の原因?

今回の広島での災害もバックビルディング現象が
原因ではないかと言われています。

 

バックビルディング現象の原因は先述の通りです。
特に危険なのは前線通過時に起こる積乱雲によるものです。

 

また大気の状態が不安定な時も危険です。
夏は日中気温が上がります。

 

気温が上がった所に寒気が流れ込むと、
バックビルディング現象が非常に起こりやすくなります

 

あまり毎月の様に起こる現象ではないのが
バックビルディング現象の特徴です。

バックビルディング現象?積乱雲形成?

この現象は先述の通り、
積乱雲が巻き起こす現象です。

 

積乱雲が形成されるには地上の気温と
上空の気温の差が大きいと積乱雲が
発生しやすい状況になります。

バックビルディング現象?豪雨?

バックビルディング現象が起こると、
ゲリラ豪雨が発生します。

 

これは気象庁でも予測が不可能です。
ここが大きな落とし穴です。

 

気象庁も解明に全力をあげていますが、
中々難しいようです。

広島市土砂災害 集中豪雨は「バックビルディング現象」原因か?動画公開

広島市土砂災害 集中豪雨は「バックビルディング現象」原因かの
動画をご紹介します。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

One Response to “バックビルディング現象【意味や原因?積乱雲を形成で豪雨?】”

  1. tyarankyu より:

    バックビルディング現象【意味や原因?積乱雲を形成で豪雨?】についての記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ