ゴルフや野球でのイップス!極度の緊張で何が起こる?


イップスとは?

スポンサーリンク

極度の緊張の時に手の震えなどがおさまらない状態イップスと言います。

スポーツの世界ではイップスになってしまい、引退する選手も出る程深刻な状態と言えます。

イップスはいつ起こるか分かりません。
野球などでは痺れるような展開で、自分の所にゴロが来て捕球するまでは問題ありませんが、その後に一気に緊張が異常なまでに高まり、送球がまともに行えない状態です。

どんなに守備の上手い人でも、いつイップスになるかは分かりません。
元々送球に難がある選手は練習を積めばいいですが、イップスはそうはいきません。

プロゴルフでのイップス

プロゴルフの世界でイップスはあります。
スイングをする直前になって極度の緊張に陥り、スイングが十分に出来なくなってしまいます

これは少し厄介です。
自分のスイングが出来れば、スコアメイクは出来ます。

しかし自分のスイングが出来ないと、スコアメイクどころの話ではありません。
非常に厄介です。

イップスを克服しない限り成績は上がらず、予選落ちが続きます。

プロ野球でのイップス

なんでもないイージゴロを捌き、ファーストに送球する直前の僅かな時間に緊張がピークに達して、とんでもない悪送球になってしまいます

1回だけならいいですが、毎試合その様なプレーをする選手は1軍では使えず、2軍ですらチャンスをもらえる保証はどこにもありません。

中には克服した選手もいます。
広島の新井選手です。
1流プレーヤーでもイップスに悩まされてしまいます。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ