クリぼっちの意味や過ごし方!NHKでも特集?


クリぼっち 意味 過ごし方 NHK

クリぼっちの意味?

スポンサーリンク

クリぼっちとはクリスマスを一人ぼっちで過ごす人の事を言います。

何だかクリスマスに1人ぼっちとは寂しいですね。
52%の方が今年はクリぼっちだそうです。
実家で暮らす人もそう呼ぶことがあるそうです。

子供の頃のクリスマスとは、本当にサンタクロースがいて、クリスマスの朝に目が醒めたら枕の上にクリスマスプレゼントが置いてあるのが定番でした。

実は親御さんがサンタクロースの事が多かったですね。
今でもその流れは継承していると思います。

おじいちゃんやおばあちゃんが可愛い孫の為に、最高級のクリスマスプレゼントを贈る事も珍しくありません。

クリスマスの過ごし方は?

基本的に家に今年はいる人が多いようですね。
今年はクリスマスが日曜・イヴが土曜日です。

この巡り合わせで街に繰り出すとカップルだらけです。
くりぼっちの人は何も悪い事をしていませんが、肩身の狭い思いをする事になってしまいます。

なんで自分だけ・・・。
ついてないなそう思う人が大半です。

そんな事を回避するには、今年は自宅にいる方が多いと思います。
無難な選択だと思います。
来年くりぼっちでない事を祈りましょう。

NHKでもくりぼっち?

あの頑固なNHKでさえ、くりぼっちを特集する位、くりぼっちは世間的な認知度が非常に高くなっています。

クリスマスにくりぼっちな人が意外に多くて驚きましたね。
何せ半数以上がくりぼっちなのです。

クリスマスの経済波及効果は相当な物があり、カップルは大きく貢献しますが、残念ながらくりぼっちの方は貢献出来ません。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ