エルニーニョ現象【日本への影響?過去や台風?夏や気温は?】


エルニーニョ現象【日本への影響?過去や台風?夏や気温は?】
についての情報です。

スポンサーリンク

エルニーニョ現象の日本への影響?

エルニーニョ現象の日本のへの影響は
最大の特徴は夏にあります。

 

夏は冷夏になる傾向が多いのです。
今年の夏は冬が厳冬でしたから通常ですと猛暑になりますが、
エルニーニョ現象が発生すると太平洋高気圧の威力が弱まり、
冷夏となります

 

特に日本への影響で一番影響の多い地域は西日本です。
西日本が圧倒的に平均気温が低いです。

 

夏は涼しいにこした事はありませんが、
農作物の影響が心配されます。
これも日本への影響の一つです。

エルニーニョ現象で日本?過去?

過去にも日本はエルニーニョ現象で
冷夏になっています

 

日本経済が需要と供給のバランスが崩れます。
ビアガーデンがガラガラ等、
特にビール業界に打撃が大きいです。

 

過去にも日本では冷夏の年にビールの
売り上げが伸びない事がありました。

 

やはり夏はある程度暑くないと
売れるものまで売れなくなります。

 

逆に冬は暖冬になる傾向にあります。
夏は気温が低く、冬は気温が高くが基本です。

エルニーニョ現象で日本?台風?

夏の脅威と言えば猛暑の他に
もう一つ台風があります。

 

しかしエルニーニョの年は台風の数も減少もあり、
寒い夏で台風なしとなんだか変な
交換条件みたいな感じですね。

 

海流の温度も大分変ってくるみたいですね。
その為に日本近海の海温は低い為、
台風が日本列島には近づかない
メカニズムになっているようです。

エルニーニョ現象で日本?夏や気温?

この現象が起きた時の日本の夏は
先述の通り西日本を中心に冷夏になります。

 

一番暑い西日本が冷夏ですから、
ビール業界は先述の通り大打撃ですね。

 

経済効果に悪影響まで及ぼしてしまいます。
涼しい夏は理想ですが、余りにも気温が
低いのも不安な部分もあります。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ