くる病の症状?新生児も適度に太陽を浴びる必要がる!


くる病の症状?新生児も適度に太陽に浴びる必要がる!

まずくる病になりやすい人は
太陽に浴びない人や
脂肪吸収障害、肝障害、
腎障害などの基礎疾患を
持っている人がなりやすい
とされています。

スポンサーリンク

 

症状は主に骨の変形が最も多く
難病のひとつです。

 

あまりくる病は世間一般には
知られていませんが、
小さな子供が患者の大多数を
占めているのも特徴の一つです。

 

レントゲンでみれば、
素人でも骨の変形ぶりが
わかる程です。

 

症状としては骨の変形が最も多く、
低カリウム症等もくる病独特です。

 

くる病は新生児でも発症します。
何かと家にいる事が多い新生児も
適度太陽浴びせない
症状が現れます。

 

くる病は治らない病気では
ありませんが、難病です。

 

中々、新生児を表に連れて行くのは
大変ですが、くる病の防止には
一番は太陽の日差しを適度に
浴びる事です。

 

真夏の猛暑の中、無理に連れ出す
必要はありません。
適度に浴びれば十分です。

 

骨の変形が症状で1番多いですが、
変形を起こす場所によっては
治りづらい場合もあります。

 

レントゲンを取ってから、
初めてわかったと言う人も多いです。

 

また医師の認知率がくる病は低い為、
症状が出ていても見逃す事も
あります。

 

なのでくる病と思ったら、
必ず医師に自分からアピール
することも大事です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ