くる病の原因で赤ちゃんの患者が1番多い?


くる病の原因で赤ちゃんの患者が1番多い?

ここにきてクローズアップ
されてきたくる病。

 

特にNHKの朝の番組では
特集が組まれる等、
非常に注目度があがっています

 

また小児科の専門医も、
20年前は完全にくる病は
姿を消していましたが、
近年、再びふえている趣旨の
発言をしています。

スポンサーリンク

 

くる病の中でも1番多い
患者層は赤ちゃんです。

 

原因はカルシウム不足と
日光を浴びなさすぎる事です。

 

赤ちゃんの場合は母乳を
飲ませる事が1番良い
されています。

 

原因がはっきりしている
病気なので、くる病にならない
方向性に持っていけば、
かかる確率はかなり
低くなります。

 

対策を講じて、発症してしまうのは
致し方ないですが、何も対策を打たずに
くる病になるのはボクシングで言うと
ノーガードで相手のパンチを
もろに浴びるのと一緒です。

 

これだけ原因がはっきりしている
難病も珍しいです。

 

赤ちゃんは言葉を話す事が
出来ませんから、
親御さんのサポートが非常に
重要になってきます。

 

赤ちゃんの足は最初はO脚なので、
判断は難しいと思いますが、
1か月検診の時に採血して
もらうのが1番の対処方です。

 

ALPと言う数値が高いと、
くる病の可能性がかなり高いです。

 

診察した医師も迷わず、
レントゲンを取るでしょう。

 

そこでレントゲンの画像と
血液検査が合致すれば、
くる病と確定診断されます。

 

難病ではありますが、
早期発見のこした事はありません。

 

病気はどれもそうですが、
先手必勝が重要です。

 

後手後手に回ると回復も遅くなる上、
症状が重くなりがちです。

 

病気には全て先手必勝で
挑まなければいけません。

 

特に赤ちゃんの場合は
言葉が話せませんから
親御さんのフォローアップが
非常に重要となります。

 

原因がここまではっきりしていて、
しかも対策もごく簡単。

 

この難病にならない方法は
適度の日光浴にカルシウムを
十分に摂取する事です。

 

何もしないで難病になるか?
普通の暮らしに少しプラスαで
難病予防するかは親御さん次第です。

スポンサーリンク

この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ